一覧へ戻る

登り町グリーン通り商店街振興組合

※商店街・中心市街地の活性化(平成14年度調査)
エキゾチックでエコロジカルなEタウン

店の外観と街路灯など路面部を同時に整備することでまとまりのある景観へと一新した。また、環境美化活動を行いつつ消費者に専門知識を提供する場を設け、求心力を強めた。

任意団体として古くから活動してきた商店街は、アーチやアーケード建設、景観整備などにおいて組織的な活動を行ってきた。しかし、設備の老朽化に加えて空き店舗が増加し、売上額も減少傾向にあった。この空洞化に歯止めをかけて店の繁栄と会員の連帯感の高揚に努め、環境問題をテーマに活性化に取り組むため、平成11年に組合を設立した。
設立後すぐに共同化事業基本構想策定事業に取り組み、活性化に向けての基本構想を練り上げた商店街は中心市街地活性化法の適用を受け、平成12年度にファサード整備事業を行った。以前はアーケードとアーチを改装する構想もあったが、他の商店街の事例などを鑑みてアーケードを撤廃して昼間の店先を明るくする一方で、個店の外観はアースカラーの欧風調とし、さらに2階外壁にプランターを設置することで商店街は明るい街並みへと大きく変わった。これに続いて県の工事による街道整備が行われた。デザインなど商店街の意向が反映され、段差の少ない歩道などバリアフリー化を実現する事ができ、商店街もロゴマーク入りの旗をつけることで景観は一新し、イメージアップを図る事が出来た。
また、女性部組織が中心となって各店舗の専門知識を提供する「店先カルチャー教室」を開催し、毎月大きな賑わいをみせるなど店舗をアピールしつつ親しみやすい商店街を実現している。さらに空き容器回収機を設置し、景品を各個店商品のサービスチケットとすることで環境美化と商業をうまく連動させている。平成14年9月からはTMOの事業であるチャレンジショップを誘致し、空き店舗の活用と賑わいの創出、新規創業者の育成を目指している。
ソフト面の事業展開はまだ初期段階であり、売上高・客数等の増加の判断はもう少し将来に据え置きたいが、「気持ちよく歩ける商店街」という認識は地域住民の間で浸透し始めている。商店街では住環境と商店街の融和をより一層推進していく為、ファサードにおけるイルミネーション事業の計画も現在進行中である。

一覧へ戻る

協同組合多賀門前町共栄会

※商店街・中心市街地の活性化(平成14年度調査)
まちのみんなで創りあげてゆく「神様の住まうまち」

行政だけでなく地元の各産業や住民等との連携を図り、町ぐるみでソフト面、ハード
面の両方から「自律」と「持続」のできる、歴史ゆかしいまちづくりを進める。

多賀町は多賀大社の門前町として歴史ある街並みを有し、古くから栄えてきたが、近年交通利用の変化と共に人の流れも大きく変わり、かつての活況を失いつつあった。この危機的状況を打破するために任意団体として活動してきた多賀門前町共栄会は法人化により、施策を活用した積極的な取り組みによる地域活性化を目指して、平成12年に組合を設立した。
活性化の事業は多賀町が策定した「多賀町中心市街地活性化基本計画」と、TMOである多賀町商工会が策定した「中小小売商業高度化事業構想」に基づいて行っている。町や商工会だけでなく住民や交通機関、多賀大社など各種団体と共に形成した多賀町産業連絡会議を発足すると共にワークショップを形成することによって連携事業を検討し、合意形成の流れを作りつつ支援体制を強化している。
ハード面の整備であるファサード整備事業では門前町に相応しい調和の取れた景観づくり、店舗整備を進行中である。また、空き店舗活用事業として門前町の街並みにあった「絵馬館」を3カ所設置、憩いの場として多くの観光客が訪れている。この一方では、ソフト面の整備として、町の風土を守り、創造していく農業との垂直的連携による「そば」の特産品に取り組み、これを個店の業態化の検討と合わせて1商店に1つの名産を生み出す「一店逸品づくり」を行っている。これは「
そば」だけでなく、様々な産品について地元の農業ならびに製造業らと連携し、地産地消の持続あるまちづくりに参画している。
ファサード整備を行った地区においては、売上げ前年比1.5倍を達成するなど、各事業は概ね成功するに至っている。また、関連事業として小学生を対象にした商い体験塾事業を行い、地元住民と社会福祉との接点を強化するといったような目に見えない連携を重ねることで、地域が一体となることが各事業の成功の要因であり、活性化計画の次の段階へとつながる基礎となった。