組合で取り組むSDGs

一覧へ戻る

滋賀県麻織物工業協同組合「SDGs行動宣言」

私たちは、昭和24年の設立以来、「強存彊榮」を理念に、一社ではなし得なかった金融事業、電算機の共同利用、経営者の研鑽、福利厚生、従業員の交流事業などに取り組んできました。これらの活動は、社会に役立つ「ものづくり」を行う異業種協同組合として、組合員の繁栄とより良い社会の実現を目指したものであり、持続可能な社会の実現に向けて「誰も取り残さない」というSDGsの目指すところと共通するものです。設立70周年を迎え、これまで養われ、受け継がれてきた協同組合の精神と強みを生かしてより良い社会を実現するために、私たちが考える「あるべき姿」を三つの取り組みにまとめました。これらの取り組みを通じて、持続可能な社会を目指す仲間と共にSDGsを実現していきます。

近江上布伝統産業会館(滋賀県麻織物工業協同組合) (omi-jofu.com)

よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

その他、ご意見・ご要望等がございましたら、ご記入下さい