組合で取り組むSDGs

一覧へ戻る

滋賀県板金工業組合/滋賀県塗装工業協同組合「専門工事業の2組合がSDGs行動宣言を策定」

板金組合での専門家による策定支援風景板金組合での専門家による策定支援風景

塗装組合での専門家による策定支援風景塗装組合での専門家による策定支援風景

今年度、当会ではSDGsに理解を深め、行動宣言の新規策定を希望されている3組合を対象に支援を行っていますが、このうち、滋賀県板金工業組合(理事長 山極義廣 氏)と滋賀県塗装工業協同組合(理事長 安藤宏 氏)において、SDGs行動宣言を策定されました。
滋賀県板金工業組合では、「責任施工で未来につながる住みよいまちづくり~まかせて安心・頼んでよかった~」をキーワードに、宣言は大きく3つの方針が掲げられ、従業員やその家族の健康維持に努め、技能向上の場を提供し、男女問わず働きやすい環境を実現する「人に対する取み」、技術を発揮できる場を創出し、優れた技能を活かす方法を探求し、ニーズに合った環境負荷低減資材を提案する「板金業としての取組み」、あらゆる施工に対応できる体制を構築し、異業種との連携を強化し、板金加工の楽しさを学ぶ場を提供する「地域における取組み」を行うこととされています。
滋賀県塗装工業協同組合では、「ひとと環境にやさしい色どりあるまちづくり」をキーワードに、宣言は大きく3つの方針が掲げられており、溶剤などの正しい取扱いによる安心安全な施工、技能修得と子供達への学びの機会の提供、労働環境の整備による「人における取組み」、街の景観を育み建物の機能性を高める塗装技術の維持、塗装技術の新用途転用への探求、資材の廃棄ロス削減による環境負荷を低減する「塗装業としての取組み」、災害に強い塗料の使用、環境配慮型遮熱塗料の使用による省エネ寄与、防災協定に基づく安心なまちづくりを実現する「地域における取組み」を行うこととされています。
現在、両組合のほか、滋賀県建具協同組合においてもSDGs行動宣言の策定準備を進められており、今後事例発表会を開催する予定となっていますので、追ってご紹介いたします。

滋賀県板金工業組合(shigabankumiai.jp)
滋賀県塗装工業協同組合(shigakentosokogyo.com)

よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

その他、ご意見・ご要望等がございましたら、ご記入下さい