組合で取り組むBCP

一覧へ戻る

東近江環境サービス協同組合「緊急時対応体制の構築に向けて『ライフライン関連組合BCP策定研修会』 開催」

研修会の様子研修会の様子

講師 若島浩文 氏講師 若島浩文 氏

東近江環境サービス協同組合(理事長 渡辺一郎 氏)では今年度、合計4回の研修会を開催し、組合におけるBCP(事業継続計画)の策定に取り組まれました。この研修会は、ライフライン関連を取り扱う事業者で組織された組合がBCPを策定することで、災害時の緊急時対応体制を構築し、早期復旧と組織力強化に繋げることを目的に中央会が支援を行っているものです。
研修では、中小企業診断士 若島浩文 氏を講師にお迎えし、BCP策定に必要な緊急事態発生時の基本方針と被害想定の設定、現状の防災対策や東近江市における災害リスクの確認、組合及び組合員事業者における中核業務のヒアリング等を通じて組合独自のBCPが策定されました。組合では、完成したBCPをもとに今後さらなる危機管理体制の強化に努められる予定です。

よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

その他、ご意見・ご要望等がございましたら、ご記入下さい